AAバトラー雑魚キャラ図鑑

このページについて

このページではAAバトラーにエントリーされているキャラクタを掲載しています。

AAバトラーとはAA(アスキーアート)同士を戦わせて遊ぶフラッシュゲームのことで、ここでは序盤であっけなく負けていった雑魚キャラのみを掲載しています。よって、ここに掲載されているキャラクタをAAバトラーで使っても弱いですが、中には掘り出し物があるかも知れませんよ!?AAバトラーで遊んでみたい人はこちらをクリック!

AAをコピーするときは、AAをトリプルクリックしてAA全体を選択してからコピーすると楽です。頭ズレ防止にもなります。ただし、これができるのはIE限定です。

雑魚キャラ検索結果

No.2332297 を表示 (0.028 秒)

No.2332297 123456 2018/07/06 23:30:06

フランスメディアが報じた「メディアを支配する電通のヤバイ12の真実」

1.電通は日本を牛耳る企業で、メディア関連としては世界5位に位置する巨大企業。原子力産業においては大きな利権を手に入れようとしており、反原発派の山本太郎がテレビに出ようとしたときは圧力をかけていた。

2.電通のシェアは独占状態といっても過言ではない。電通の広告シェアは50%で博報堂が20%なのでもはや独占禁止法に抵触していると捉える人もいる。ここまでシェアを握ってしまえば正しくないことが起きるに決まっている。

3.博報堂出身の本間龍氏によるベストセラー書籍「電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ」では、電通はとにかく何らかの形でメディアに食い込もうとし、原子力関連の8割の広告を支配していると書かれた。

4.原発事故が起きたとき、テレビ局は良いスポンサーである電力会社を敵に回したくないと、報道を一部自粛していた。

5.そんな日本において、堂々と政府批判をするテレビ朝日の報道ステーションは貴重で有益な存在であった。もっとも、古舘伊知郎氏は圧力に負けて辞めてしまったが…。

6.唯一スポンサー収入に依存しておらず、国民からの受信料で自由な報道ができるはずのNHKは会長が安倍政権とズブズブの関係を保っている。
だから政権批判が出せず、政府発表を伝えるだけの政府広報メディアになっている。熊本で地震が起きたときも原発問題には言及しないよう命令が下った。

7.原発で何か問題が起きるとすぐに電通の社員が営業の人間経由でメディア側にやってきて報道を自粛するようにお願いしてくる。電通経由の広告で成り立っているメディア側は当然電通に逆らえない。

8.現場の記者は電通の圧力を知らず、自分が書いたスクープ記事が紙面に載らなかったり、一部表現が変わっていたりするのを不審に感じる。そもそも気づかないこともある。

9.福島原発事故が起きて以来、原子力関連の広告は減ったが、代わりに福島の農産物をPRするという美味しい仕事が電通に降ってきた。


前のページに戻る

スポンサーリンク

 

}C[WŖs
ߕ߂I hW یtNWbgJ[h
ʂꂳ z[y[W
ňS̋s؂     ق̉~炱I